ロングバケーション

山口智子さん(53)が「ロングバケーション」以来、22年ぶりに木村拓哉さん(45)とドラマ「BG~身辺警護人」で共演することが話題になっています。

 

山口智子さんと言えば、自ら子供を産まない理由をカミングアウトした人で知られていますが、彼女がなぜそのような結論を出したのか、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク


山口智子の子供を産まない理由とは?

 

もちろん、山口智子さんは結婚されています。

 

世の中には、結婚しない女性も多く例外もありますが、大抵子供はいません。

 

現在では、女性の7人に1人が結婚しないと言われ、生涯未婚率は女性で14.04%あり年々増加の傾向にあるようです。

 

話が少し横道にそれましたが、山口智子さんの話に戻します。

 

山口智子さんは、1995年に俳優の唐沢寿明さんと結婚されていますが、ご主人の理解があったことは言うまでもない事です。

 

山口智子さんが、子どもを産まない理由は、彼女の生い立ちに原因があります。

 

山口智子の生い立ちとは?

 

山口さんの実家は、栃木市に有った老舗の旅館でしたが、父親の不倫で両親が離婚。

山口さんは、祖母と父と一緒に暮らすことになり、母と3歳年下の妹は旅館を出て行きました。

 

その後、父は再婚しましたが、やがて死亡し旅館は廃業します。

 

このような家庭環境から、山口さんは「血の結びつきを全く信用していない」、「親というものになりたくないと思って育ちました」と告白しています。

 

これは山口さんの考え方が正しいとか、間違っているとかの問題では無く、山口さんが親にはなりたくないと思っただけのことです

 

逆に子供の頃に両親が離婚し寂しい思いをしたので、結婚して子供を産みたいという人もいますので、どちらが正しいという問題ではないのです。

 

世間の反応

 

山口智子さんの子どもを産まない選択に対して、賛否両論があるようです。

 

結婚したら子供を産まないと肩身が狭いとか、親から孫の顔が見たいと言われるのが苦痛であると思っている女性、不妊治療を続けている女性たち。

 

こういった女性たちには、山口さんの言葉に救われた思いをする人達もいるでしょう。

 

一方で結婚したら周りから子供への期待がかかるのも現実であり、そのような子供への期待を寄せる人たちからは反対されます。

 

山口さんの発言が大きな話題になったということは、まだ世間では女性は子供を産まないといけないとする考えが強いのでしょう。

 

子供を産むか産まないかは、当人たちの問題であり、いい悪いの問題では無いと思います。

 

当人たちの考えで子供を産むか産まないかを自由に決められる社会に成って欲しいと思います。