宇多田ヒカル

歌手の宇多田ヒカルさん(35歳)が、8歳年下のイタリア人・フランチェスコ・カリアーノと

既に離婚していたことが判明しました。

 

また、別の報道によると宇多田ヒカルさんは既に若手ミュージシャンと

交際しているということも報道されています。

 

今度の若手ミュージシャンがイギリス人人であるかどうかは分かりませんが、

現在、宇多田ヒカルさんはロンドンで子育てをしていて、

同時に音楽の創作活動もロンドンで行っていると考えられます。

 

今回、交際が伝えられている若手ミュージシャンが、

イギリス人である可能性もあります。

 

そして、恋多き宇多田ヒカルさんが、

若手ミュージシャンと再々婚する可能性も考えられます。

 

今回は、恋多き宇多田ヒカルさんの結婚履歴や離婚理由に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク


宇多田ヒカルの初婚相手との出会いや離婚理由は?

宇多田ヒカルと紀里谷和明

宇多田ヒカルさんの初婚相手は、映画監督で写真家でもある紀里谷和明さんでした。

 

二人は2000年に知り合うのですが、

出会いとなったのは、宇多田さんの新曲のジャケットの打ち合わせでした。

 

それから交際に発展し2002年9月に結婚しています。

 

当時、宇多田さんが19歳で紀里谷さんは34歳で

15歳もの年の差がありました。

やはり、普通では考えられないと思うのですが、、、

 

その時の紀里谷さんの心境は、完全舞い上がった状況だったようです。

まあ、相手が宇多田さんだったら無理もないかも。(笑)

「『結婚なんかバカがするもの』って思っていた矢先に、

俺は前の妻と出会って、『彼女しかいない』と思っちゃった」

「そこからは、自分の持っているすべてを全部なげうってでも、

彼女と生きようと思った」

完全に舞い上がってますね!

 

では、離婚理由は?

「結局、彼女は若すぎた。俺は未熟だった。そういうことだと思う」

と桐谷さんはコメントしています。

そんなこと初めから分かって結婚したんでしょう?とツッコミたくもなりますね。

 

当然ですが、舞い上がってたら後は落ちるだけですね。(笑)

 

結婚生活は、お互い忍耐がなければ継続できません。

 

二人には、忍耐力がなかった?

いや、我慢しなくても十分経済的にも生きて行くことが出来たからです。

 

こうして結婚生活は2007年3月で終止符を打つことになりました。

 

二人が本当の離婚理由を語ることはありませんので、

あくまでも私の想像にすぎませんが、、。

スポンサーリンク


宇多田ヒカルとの再婚相手との出会いや離婚理由は?

フランチェスコ・カリアーノ

宇多田ヒカルさんの再婚相手は、8歳年下のイタリア人フランチェスコ・カリアーノさんでした。

 

出会いは、宇多田さんが休暇中の訪れたレストランです。

 

レストランでバーテンダーとして働いていたフランチェスコ・カリアーノさんが、

一目惚れし、猛アタックしました。

さすがイタリア人というイメージですね。(笑)

宇多田ヒカル再婚

周りがうまく行きっこないと思えるような結婚をしてしまいます。

音楽の才能に溢れるお金もある宇多田さんと一介のバーテンダー

誰が考えても結婚生活が続くわけもありません。

 

当初、イタリア人の彼氏は宇多田さんが有名人であることや彼女の年齢を知らなかったようです。

イタリア人の彼には、小さな日本人が若く見えたのでしょう?

 

当時、フランチェスコ・カリアーノさんは、

宇多田さんの年齢はともかくとして宇多田さんの公式HPに

「平凡な男が、ヒカルのようなスーパースターと

一緒になるということが不思議に感じられるかもしれません。

私自身も初めは信じられませんでした」

とコメントしていました。当然ですが、いまは削除されていると思います。

 

結婚後、旦那は仕事を止めてヒモ状態で

レストランをやりたいというものの実行力はゼロ。

 

宇多田さんが愛想を尽かすのも時間の問題だったようです。

 

宇多田さんは15年7月に生まれた長男を連れてロンドンに渡りました。

そして、ロンドンを子育てと音楽創造の拠点としました。

 

離婚は理由は?

 

当然ですが、初めからつり合いが取れていない二人の結婚生活は無理だったということです。

 

唯一良かったことは、宇多田さんが可愛い男の子を授かったことだけだとおもいます。

 

いつ離婚したのかは、公表されていませんでした。

 

宇多田ヒカルが再再婚?今度の相手はイギリス人若手ミュージシャン?

宇多田さんは現在若手ミュージシャンと交際していると

報道がありました真実はまだ確認できませんでした。

 

また相手がイギリス人であるかどうかも分りません。

拠点がロンドンということで目撃者も少なく

ハッキリしないことが多いようです。

 

新しい情報が出たら紹介して行きたいと思います。