福田淳一事務次官がセクハラ発言がもとで辞任することになりました。

 

福田氏当人は、あくまでもセクハラを否定し、セクハラを報道した週間新潮を名誉棄損で訴えると息巻いているようです。

 

しかも、問題のセクハラ発言を録音した記者が名乗りでないことを幸いに、このまま被害者が現れず、したがって被害者はいなかったという結論に導きたかったのだと思います。

 

しかし、問題のセクハラ発言を録音した女性記者が分かってしまいました。

 

それでも、福田氏は裁判で争うつもりなのでしょうか?

 

誰が見ても、福田氏の形勢が悪いのは明白です。

 

あえて、福田氏は自ら傷口を広げようとするのでしょうか?

 

それにしても、債務省の事務方のトップが、この様なセクハラ発言をする人物だったとは、国民が現政権に失望するのも当然のことだと思います。

スポンサーリンク


女性記者が福田氏のセクハラ発言を録音した理由は?

福田氏のセクハラ発言は、女性記者の間では有名だったようです。

 

仕事からのストレスの解放からか飲み会の席では、女性記者にセクハラ発言を繰り返していたようです。

 

いくら財務省のトップで偉い方と言っても、この様な聞くに堪えないセクハラ発言が許されるはずもありません。

 

聞くに堪えない発言ですが、これでもセクハラ発言を認めようとしない福田氏は、厚顔無恥であることは間違いないようです。

 

この様な福田氏のセクハラを暴こうとしたのか?女性記者が1年余り前から録音していたようです。

 

それに、まんまと引っ掛かってしまったというお粗末な話なのです。

 

いくら、ハニートラップだったとしても日頃の福田氏のセクハラ発言を証明するものとなります。

スポンサーリンク


テレビ朝日の幹部の行動がひどすぎて最悪!

テレビ朝日の女性政治記者は、進優子(シン ユウコ)さんということが判明しています。

 

しかし、なぜテレビ朝日の記者が「週刊新潮」に問題のセクハラ発言を録音した音源を持ち込んだのでしょうか?

 

じつは、進優子さんは上司に報告して記事にしたかったようですが、上司はそれをストップしたということです。

 

この点について、聞かれたテレビ朝日の記者会見では、テレ朝の大塚代表も恥ずべき点で反省する点でもあるとその上司の対応を疑問視しています。

 

しかし、こういった自分たちに都合の悪い報道に対しては、記事にしないというテレビ朝日の態度がある様な気がします。

 

進優子さんは、そんな上司の態度を見限って、週刊新潮に記事にしてくれるように音源を渡したようです。

 

もちろん、進優子さんの名誉のために言っておきますが、新潮社からは謝礼はもらっていません。

 

純粋に記事にしてもらいたかったようです。

 

テレビ朝日の幹部のセクハラ情報を握りつぶした行動は、最悪の行動だったといえます。

 

テレビ朝日の問題の上司や幹部には猛省してもらいたいと思います。