山口容疑者

写真:yahooニュースより

 

山口容疑者の強制わいせつ事件は、今年の2月に起こったということですが、出演している番組関係者や他のメンバーたちにも知らされていなかったようです。

 

知らされたのは、山口達也容疑者が強制わいせつの容疑で書類送検されていたことが明るみに出た25日のことだったようです。

 

それまで、公表されるのが遅れたのは、山口達也容疑者に強制わいせつをしたという認識がなかったからのようです。

 

山口達也容疑者は3月の末頃警察からの連絡で、事件になっていることを知り事情聴取を受けたようです。

 

ジャニーズ事務所は、4月初めにその事を知り、すぐに女子校生側と和解について話し合い、金銭的補償で折り合いが付き和解する事ができたと同時に女子校生側は、提出した被害届を取り下げています。

 

ジャニーズ事務所もこれで、この事件は解決したという判断があったのかもしれません。

 

しかし、意に反して警察が山口達也容疑者を強制わいせつ容疑で書類送検したことにより、公表されたという経緯のようです。

 

山口達也容疑者からこの事件に対して何の発表がなかったのも、ジャニーズ事務所と対応を検討していたからだと思います。

 

今日行われる記者会見は、山口達也容疑者のこの事件に対してのお詫びと事実関係に関してのことだと思いますが、どのような発言をするか注目したいと思います。

スポンサーリンク


山口容疑者の記者会見や感じたこと

顧問弁護士が事件については、捜査中で詳しくは言えないこと。

和解の条件は、相手もあることで言えないことを前提に、山口達也容疑者に対して質問がされました。

 

事件の経緯としては、山口達也容疑者が肝臓を休ませるため1ヶ月ほど入院という形をとり2月12日に退院し、朝の仕事を終えて帰宅した日に起きています。

 

その日は仕事がもう仕事がなかったので家に帰って片付けものをしていたところ酒を飲みたくなったようです。

 

肝臓の治療のための入院生活で、酒を飲みたい欲求が溜まっていたようですが、すぐに酒を飲んでは入院した甲斐もないようですね。

 

飲んではダメだと思いながらも、ついアルコールに手が出てしまう、アルコール依存症の症状です。

 

酔っ払って女子高生に電話し、友達も連れて来ていいかと尋ねた女子高生を呼び出したようです。

 

山口容疑者は、女子高生に酒を勧めていないということでしたが、細部については捜査中とか覚えていないということで。また強制的にキスをしたかどうかには答えませんでした。

 

そして、気が付いた時には二人の女子高生はいなくなっていたので、帰ったと思ったと言っています。

 

酒に酔っ払っていた事もあり、山口容疑者には強制わいせつを行った意識はなかったようです。

 

山口容疑者は、女子高生やその家族、また仕事関係者やTOKIOのメンバーやファンに涙ながらに謝っていましたが、アルコール依存症で酔ったうえでの行為と言っても許されるはずもありません。

 

山口容疑者は、反省して酒を止めたいと言っていましたが、かなりの努力が必要でしょう。

スポンサーリンク


まとめ

今回の山口容疑者は、酒と女性で人生を狂わせてしまいました。

 

事務所としては、解雇する意思はないようで無期限の謹慎処分だそうですが、果たして彼が復帰できるかどうかは、今は何とも言えない状況です。

 

山口達也容疑者が謹慎期間に酒を止める事ができるかどうかによって、彼の反省が本物であるかどうか知る事ができるのではないかと思います。

 

関連記事

⇒ 山口達也の契約解除で事件が終結、山口達也やTOKYOはどうする?
⇒ TOKIOメンバー4人のコメントのまとめと今後のシナリオの予想
⇒ 山口容疑者の示談金2000万円ってホント?キス以上の可能性が濃厚?
⇒ 山口達也のTOKIO復帰は可能か?私が勝手に思ったこと!
⇒ 山口達也の離婚理由はヤバい?強制わいせつに至る素行の悪さとは?
⇒ TOKIOの山口達也強制わいせつ容疑で書類送検、出演番組放送中止!