5月9日発売の少年サンデー24号が、当日書店やコンビニなどの店頭に行っても買えないという事態が起きています。

 

どうしても諦めきれず何件も回ってみても、やはり購入できなかったという声が、ネットでも溢れかえっているようです。

 

この少年サンデー24号売り切れの理由は、一体何なんでしょうか?

 

理由は安室効果と乃木坂効果の二つが原因だと言われています。

それぞれの理由を検証してみます。

スポンサーリンク


安室効果とは何か?

まずは、安室ってだれ?ということから説明すると、名探偵コナンに登場する登場する人物で、毛利探偵事務所のあるビルの1回の喫茶店ポアロでバイトで働き始めたイケメン青年の安室透のことです。

 

実は、安室透はただのアルバイターではなく、「黒の組織」の一員で、ある指名を受けて毛利小五郎に接近するために喫茶店ポアロに潜入していたのです。

 

この安室透は、毛利小五郎に弟子入りし私立探偵という顔、「黒の組織」の一員という顔、そしてもう一つの顔が公安警察の降谷零という人物で、1人で3つの顔を持つ人物だったのです。

 

今回、その安室透を主人公にした「ゼロの日常(ティータイム)」の連載が、少年サンデー24号より

始まつたのです。

 

この安室透の人気効果が、少年サンデー24号が売り切れた原因だと言われています。

乃木坂効果とは?

少年サンデー24号の表紙を飾っているのが、人気アイドルグループ乃木坂46の山下美月であることも少年サンデー24号が売り切れた理由と考える向きもあるようです。

山下美月が少年サンデー24号を飾っているだけで、売り切れてしまうほど買い占めてしまうとは考えられなせん。

 

多分これが少年サンデー24号が売り切れた理由という人たちは、乃木坂46のファンだと思います。

スポンサーリンク


まとめ

もちろん、山下美月の効果よりも、安室透の効果の方が大きいことは間違いありません。

 

なぜなら、10日に発売された月刊アニメ誌の「アニメディア」もすぐに売り切れています。

この「アニメディア」の表紙には安室透が描かれていたからです。

 

安室透の人気恐るべしという感じですね!