野球

今回、ちょっと腑に落ちない事件がありました。

まずは、事件の経緯から書いてみます。

 

4月に金沢龍谷高校で、ノックの練習中に男子部員の集中力が掛けていると感じた野球部監督が「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」と注意した。

 

その言葉にショックを受けた男子生徒は、翌日から練習を休み学校にも行けず不登校の状態が続いている。

 

母親は、ことの経緯を学校に説明した結果、学校側が調査し「発言は生徒の命を守るためのものだったが、言い方が部員に不安感を抱かせる不適切なものだった」と判断した。

 

学校側は、野球部監督(40)に対して、不適切な言動の指導があったとして謹慎処分にした。

 

野球部監督は「子どもたちのことを考えて発言すべきだった」と反省している。

 

スポンサーリンク


言い方が部員に不安感を抱かせる不適切なもの?

「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」と注意しているのに、不安感を抱かせないように言ったら注意にならないのではと思いますがいかがなんでしょうか?

 

注意して不安感を与えることで、ノックの練習に集中させる事が出来るのではないかと思います。

 

もし、不案感を抱かないような口調で注意し、部員が集中力を欠いたままノック練習をして、もしボールが頭に当たったらどうするのでしょうか?

 

その時は、なぜきつく注意をしなかったのかと言われそうですね。

 

そのくらいの注意の仕方は、野球部の監督としては普通のことに思えます。

男子生徒にも問題がありそう?

もしその程度で、ショックを受けたとしたらその男子生徒にも問題がありそうですね。

百歩譲って、ショックを受けて練習を休むということは理解できたとしても、学校に行かないのというのは理解できません。

 

その男子生徒は、そのような野球部監督がいた学校を嫌いになったとでも言うのでしょうね。

母親もおかしい?

私から言わせれば、たったそのくらいのことを言われて学校に行かなくなった子供のことは棚に上げて、野球部監督が悪いと学校にクレームを入れる母親の心理が分かりません。

 

まず、母親は子供をしかるべきだと思います。

 

昔は、そんなことはなかったのですが、時代が違って考え方も変わったのかもしれませんね。

スポンサーリンク


私の考え方がおかしいのか?

なぜ、野球部監督が謹慎処分を受けたのか私には理解できませんでした。

 

ひょっとしたら、私の考え方が今の時代とずれて、おかしいのかも?

と不安に駆られたため、ネットではどう思われているのか調べてみました。

え? え?

なんじゃそら

クレーマー最強時代

もうわかんねーなこれ

いや、普通やん

至極当然のこと。 硬式やってるなら誰しも注意しなきゃならんことなんだけど。 これが時代か

ここまでひ弱なのかw

硬球だろ?普通じゃないのかこれぐらいの注意

真っ当な指導やん

実際最悪死ぬしなあ

練習を休むのはいいとして、なんで不登校になるねん

小学生じゃあるまいし

いやそんなんで不登校になるくらいならスポーツ全般無理じゃね

やはり、ネットでも野球部監督を非難する声は見られないようでした。

 

それとも、この事件に他に隠された事実があって、そのために謹慎処分にということも考えられますが、、。

まとめ

「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」と不安を抱かせる言葉で注意をすることは野球部監督として、ごく普通の正当なことだと思います。

 

それに、クレームを付ける母親、また不登校になる生徒の方がどうかしていると思います。

 

また、謹慎処分の決定を下した学校もおかしいのではないかと思います。