アンパンマン

女優の戸田恵子さんが、アンパンマンの声をされていることを今更ですが初めて知りました(笑)。

いま私は、アンパンマンをテレビで見ることはありませんが、まだ子供が小さい時は一緒にアンパンマンを見ていました。

アンパンマンのあの少し鼻に掛かったような優しそうな声は、今でもハッキリと思い出す事ができます。

 

今でもそうだと思いますが、アンパンマンは小さな子供たちに大変人気があり、アンパンマンのキャラクター商品を子供に買ってあげたのを思い出しました。

 

そんなアンパンマンや戸田恵子さんのこと、またアンパンマンの声をいつから演じるようになったのかなどを調べてみることにしました。

アンパンマンができたのは?

アンパンマンは、やなせたかし(享年94歳)さんが1969年に「PHP」誌に、大人の絵本として連載したのが最初のようです。

 

そのときの設定では、アンパンマンは普通の「小太りのおじさん」という人間の設定で、貧しく空腹な人にパンを届ける人として描かれていました。

 

1973年には現在のような頭部がアンパンで出来た「あんぱんまん」が、「キンダーおはなしえほん」(フレーベル館)10月号に登場しました。

 

この作品は、やなせたかしさんが子供向けに書いた初めての絵本でもあったようです。

 

また、当初は子供たちのために「あんぱんまん」と平仮名で表記していましたが、違和感があるということで、これ以降は片仮名で表記されるようになります。

 

1975年には、キャラクター名を片仮名に変更した続編の絵本「それいけ!アンパンマン」を出版し、現在に至っています。

 

今では、大変人気のあるアンパンマンですが、当時は評論家や幼稚園の先生達から、自分の頭部を与えて空腹な人を助けるということは幼児には理解できないとか、グロテスクであるとか酷評されたそうです。

 

1988年(昭和63年)10月3日に「それいけ!アンパンマン」はテレビアニメとして日本テレビで放送されました。

 

当初は、テレビアニメ化を不安視する声も多くスポンサーも付かなかったと言いますから、今では信じられないですね。

スポンサーリンク


戸田恵子のプロフィール

戸田恵子さんの画像はコチラ

生年月日: 1957年9月12日 (年齢 60歳)
生まれ: 愛知県 名古屋市
身長: 154 cm
配偶者: 井上 純一 (1990年 – 2006年)
学歴: 駒沢学園女子中学校・高等学校

戸田恵子さんは、母親の勧めで小学校5年生からNHK名古屋放送児童劇団に在籍し、「中学生群像」で子役出演されていました。

 

その後、1974年に上京し、16歳の時にあゆ朱美の芸名でアイドル演歌歌手としてデビューしています。

 

デビュー当時戸田恵子さんは、「私もこれで山口百恵さんみたいにアイドルになれるんだ!」とワクワクされていたようですが、結局歌手としては挫折を味わうことになりました。

 

1977年、19歳の時に仕事で知り合った野沢那智(享年72歳)さんが主宰する「劇団薔薇座」へ研究生として入団し、演技の指導を受けています。

 

1979年、戸田恵子さんは実写版「眠れる森の美女」のオーロラ姫役で声優デビューデビューし、アニメ作品としては、「無敵鋼人ダイターン3」がデビュー作となります。

 

戸田恵子さんはアンパンマン以外にも「機動戦士ガンダム」のキャラクター・マチルダ・アジャン役、「ゲゲゲの鬼太郎(3作目)」の鬼太郎役、「きかんしゃトーマス」(フジテレビ放送版)のトーマス役などを勤めていました。

スポンサーリンク


戸田恵子のアンパンパンはいつから、またきっかけは?

戸田恵子のアンパンマンの声はいつから?

アンパンマンの声は、1988年の初回放送からずっと戸田恵子さんが勤めています。

もう30年以上も務めているということですからすごいですね!

 

現在日本で放送されている30分のレギュラーアニメでは、「サザエさん」(フジテレビ系、1969年開始)と「ドラえもん」(テレビ朝日系、1979年開始。2005年にリニューアル)に次いで3番目に長い作品だそうです。

戸田恵子がアンパンマンの声を務めるようになったきっかけは?

戸田恵子さんは、アンパンマンのオーディションにも参加していなかったようですが、アンパンマン役が決まらないでいた時、たまたま戸田恵子さんの声を聴いた監督が、やなせたかしさんに推薦したことがきっかけのようです。

 

やなせたかしさんが「この人で行きましょう」と承諾したことで戸田恵子さんのアンパンマン役が決まりました。

 

それに、長くアンパンマンの声を続けられる理由としては、戸田恵子さん自身が言っているように「アンパンマンは丸い顔だからある程度優しい声で行こう」と努力されているからだと思います。

 

優しい声であるからこそ、小さな子供たちやお母さんやお父さんまでも、安心して楽しくアンパンマンを観ることができ、評判もいいのだと思います。

最後に

歌手としてデビューした戸田恵子さんは、挫折を味わうことになりますが、野沢那智さんとの出会いが運命を大きく変える契機になったようです。

 

そして、女優としての努力して演技を磨いたことが、やがてアンパンマンの声優に抜てきされることになりました。

 

やはり、人から認められるには人との出会いを大切にし、そして自分の目標に対して真剣に努力する事が必要ですね!

 

これからも、子供たちに夢と感動を与え続けて欲しいと思います。

 

関連記事

⇒ 戸田恵子ブログで西城秀樹さんに最後のお別れ!