斉藤由貴

「三度目の殺人」で、2017年ブルーリボン賞・助演女優賞を獲得された斉藤由貴さん(51)ですが、若い頃に尾崎豊さんとの不倫旅行を写真週刊誌フライデーが暴露したことがありました。

 

斉藤由貴さんは、昨年の不倫騒動の時はかなり世間を騒がせ、またバッシング受けているのですが、過去にも尾崎豊さんとの不倫をフライデーが暴露しています。

 

随分前のことなので、ご存じない方も多いと思いますので、あらためて斉藤由貴さんと尾崎豊さんの不倫騒動を書いてみたいと思います。

 

斉藤由貴のアイドル時代と尾崎豊の出会いは?

 

斉藤由貴さんは、1984年東宝シンデレラオーデイションで芸能界へ入り、1985年に歌手デビューを果たし、同年「スケバン刑事」で初主演を演じトップアイドルとして脚光を浴びることになったのです。

 

また、1986年にNHK連続テレビ小説「はね駒」のヒロインを演じ、この年にリリースした5枚目のシングル「悲しみよこんにちは」がヒットし「第37回NHK紅白」に初出場、紅組キャプテンを務めるなど国民的アイドルとも言っても良い人気ぶりでした。

歌手としての斉藤由貴さんの最大のヒット曲は、1989年井上陽水さんのカバー曲「夢の中へ」ですが、40万枚を超える売上枚数を記録しています。

 

このような人気アイドルだった斉藤由貴さんと尾崎豊さんとの出会いは、1990年11月に「月刊カドカワ」での対談がきっかけです。

 

この対談は、尾崎豊さんから持ち掛けられた話のようで、尾崎豊さんが薬で逮捕され刑務所にいる時、斉藤由貴さんのグラビアを見て由貴さんのファンになったと言います。

 

「月刊カドカワ」の対談後、二人の交際は急速に進み、1991年2月に北海道の小樽に二人が旅行に行った時の姿が、「写真週刊誌フライデー」により暴露されました。

 

この時、尾崎豊さんは結婚されていて、しかも子供もあり、完全な不倫旅行ということになります。

 

ただ、斉藤由貴さんが尾崎豊さんに妻子がいる事を知っていたのかどうかについては、良く分かりませんでした。

 

ただこのフライデーの不倫報道で、斉藤由貴さんが尾崎さんに妻子がいる事を知り、その事が二人が別れることになったとも言われています。

スポンサーリンク


斉藤由貴と尾崎豊が別れた理由とは?

 

斉藤由貴さんと尾崎豊さんは、フライデーの報道後、二人は別れることになったのですが、別れた理由とは何だったのでしょうか?

 

一つ目は、斉藤由貴さんがフライデーの報道で尾崎豊さんに妻子がいる事を知って別れることになったという説がありますが、これは説得力に欠けるとも思えます。

 

普通、相手が結婚しているかどうかはすぐに分かると思うからです。

 

それに、尾崎豊さんは奥さんと離婚調停中だったと言われており、尾崎さんはその事を斉藤由貴さんに話していたと思うのが、自然ではないかと思います。

 

二つ目の理由として、尾崎豊さんが薬をやっていたことが挙げられます。

 

斉藤由貴さんは、モルモン教者と言われていますが、モルモン教には厳しい戒めがあり、お酒はもちろんコーヒも飲めませんし、薬なんてとんでもない話であり、このために別れたという説もあります。

 

しかし、これも説得力に欠けています。

 

モルモン教では、結婚前の性行為は禁止されていますが、二人の北海道への不倫旅行で性行為がなかったとは考えられないからです。

 

結局は、二人が別れた理由がハッキリと語られることはありませんでした。

その後、尾崎豊さんは、2006年に26歳の若さで突然亡くなられたのですが、原因は薬の中毒による肺水腫と言われています。

 

まとめ

 

結局、尾崎豊さんが居なくなったことにより、二人の不倫関係や別れた理由も詮索されることも無く、また真実が明らかになる事も無くなったと思います。

 

恋多き斉藤由貴さんに今後も注目していきたいと思います。