木南晴夏(32)さんと玉木宏(38)さんが6月26日の大安に結婚することが報道されました。

意外なカップルの誕生に驚いた方も多いのではないかと思います。

それに2人が交際しているということも知られていなかったこともあり、驚きの方が大きかったようです。

 

木南晴夏さんの元彼氏は、ONE OK ROCKのRyotaさんだったのですが、破局したことで玉木宏さんと結婚出来たことになり、まさに結果オーライといえます。

 

今回は、木南晴夏さんのプロフィールやRyotaさんとの出会いや破局理由、玉木宏さんとの出会いなどについて見て行きたいと思います。

スポンサーリンク


木南晴夏プロフィール

木南晴夏

本名:木南晴夏(きなみはるか)
出身地:大阪府豊中市
生年月日:1985年8月9日
血液型:A型
身長:162cm
サイズ:B:80W:57H:80cm、S24cm
学歴:國學院大學文学部卒業
趣味:食生活アドバイザー3級、パン(パンシェルジュ2級)、映画鑑賞、読書、ギャラリー巡り
特技:韓国語・英会話・ダンス・バレエ・日舞
所属事務所:ホリプロ

芸能界のデビューのきっかけは、2001年に『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION~21世紀のリカちゃんはあなた!!~でグランプリを獲得したことでした。

巡り合わせのせいか、主演には恵まれず脇役として活躍していましたが、2009年に映画『20世紀少年』で脇役として出演して、本人が思っていた以上に評価され、一躍注目を浴びることになります。

 

それ以来、木南晴夏さんは演技することが楽しくなったということで、演技にも磨きをかけ個性派バイプレーヤーとしての地位を確立しています。

 

2013年には、映画『百年の時計』で映画初主演を演じるまでになります。

木南晴夏は韓国人?

木南晴夏さんは韓国人?と言われたことがありますが、これは全くのデマで100%日本人です。

 

よくあることですが、ドラマで韓国人役を演じた時韓国語があまりにも上手だったことから韓国人と思われたようです。

 

それに、木南晴夏さんはストイックな性格らしく韓国語教室に1年間通って日常生活には困らない程度の実力は持っているようです。

木南晴夏はハーフ?

NHK連続テレビ小説「マッサン」でマッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)の養女・エマ役として流ちょうな英語を披露しています。

 

このことから、ハーフ?と言われただけで、木南晴夏さんがハーフであるということはありません。

木南晴夏と元彼氏のRyotaとの出会いは?

Ryota

Ryotaのプロフィール

本名:小浜良太(こはまりょうた)
楽器:ベース
誕生日:1989年9月4日(28歳)
出身:大阪府
身長:174cm
体重:56kg
血液型:B型

刺青がすごいことになっていますが、私たちの常識からは判断できませんが木南晴夏さんにとっては、破局した方が良かったと言えそうです。

 

2014年9月、木南晴夏さんとONE OK ROCKのRyotaさんの熱愛が報道されました。

もともと木南晴夏さんがONE OK ROCKのファンだったことから交際に発展したようで、ライブ後の打ち上げではRyotaさんの傍にいる木南晴夏さんが度々目撃されていました。

Ryotaとの破局理由は?

2人は結婚も噂されていたのですが、Ryotaさんは2017年2月に別の女性と結婚していたことが発覚し木南晴夏さんとの仲は破局していたことが明らかになりました。

 

破局理由に付いては、本人たちは発表をしていませんが、一般的に考えられることは性格の不一致ではないかと思われます。

 

特にミュージシャンという人たちは、独特な感性を持った人が多く、性格が合い上手く行くという人は少ないと思います。

 

木南晴夏さんも結局Ryotaさんとの性格が合わなかったということではないでしょうか。

スポンサーリンク


玉木宏との出会いは?

玉木宏

2人は、2人は8年前に共通の知人を通じて知り合い、友人として親交を深めてきたと発表されています。

 

しかし、Ryotaさんと交際していた頃は、木南晴夏さんにとって玉木宏さんは眼中になかったものと思われます。

 

Ryotaさんとの関係が破局に終わったことで、木南晴夏さんに焦りが出たのではと考えられます。

そんな時、フジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」で共演したことが交際に発展するきっかけになったようです。

 

まさに、タイミング的にジャストミートした瞬間だったようです。

 

あくまでも私個人の見方ですが、Ryotaさんに比べて玉木宏さんの方が、将来離婚する危険性は少ないと思います。

 

もし、Ryotaさんとの交際が上手く行って結婚していたとしても、離婚していた可能性が大きかったと思います。

そういった意味では、Ryotaさんと破局したことは結果オーライだったと言えると思います。