渡哲也さんといえば、日本を代表する俳優さんの一人ですがネットで調べると「現在・死去」というキーワードが出て来ます。

 

もちろん、まだご存命なのですが「現在・死去」とキーワードが出てくるのは最近テレビで見かけることがなくなったことに原因があるようです。

 

それに高齢であるということもあり、元気でいるのか現在の生活や状況を知りたいということの表れのようです。

 

私も以前は西部警察をよく見ていたので、最近の渡哲也さんのことが気になり、渡哲也さんの過去から現在まで調べてみることにしました。

スポンサーリンク


渡哲也のプロフィール

渡哲也さんのカッコいい姿が好きだったのですが、ももちろん渡哲也さんの若い頃は知らないので、まずプロフィールから紹介してみます。

 

本名:渡瀬道彦(わたせ みちひこ)
生年月日:1941年12月28日(76)
出身地:兵庫県淡路島
身長:180cm
血液型:B型
職業:俳優・歌手
趣味・特技:ゴルフ、空手2段、柔道初段、たき火
事務所:石原プロモーション
渡哲也さんは、島根県安来市で生まれ父親の仕事の関係で、小学校1年生の途中から淡路島で育っています。

 

石原プロモーションの公式プロフィールでは、出身地は淡路島になっています。

これは、石原プロモーションに渡哲也さんが入社するとき、当時の社長であった石原裕次郎(故人)さんの出身地が神戸であったことから、石原さんが淡路島の方がイメージが良いという理由で出身地を淡路島にしたということです。

 

大学は、青山学院大学経済学部を卒業しています。

大学では、空手部に属し空手2段、柔道初段の腕前です。

 

プロフィールの趣味・特技の欄にたき火とあるのが気になりました。

 

たき火が好きなのか、それとも火をつけるのが上手いのかどちらなのでしょうか?

私は知らなかったのですが、いま焚火が静かなブームになっているということです。

 

焚火を見ていると心が癒されるということのようです。

 

ただ、渡哲也さんの場合は焚火の炎ではなく、本人は「煙の行方を眺めるのが好き」だと言い、「煙が一筋昇る程度の燃え方」が良いといった拘りがあるということです。

渡哲也の芸能界入りのきっかけは?

渡哲也さんは日本航空の整備士社員の採用試験に落ちたことが芸能界入りのきっかけとなりました。

 

当時は、映画が盛んな時期であり石原裕次郎さんのファンだったようです。

友人から「日活の撮影所に行けば石原裕次郎に会えるかもしれない」と言われ出かけたところスカウトされ1964年に日活へ入社しました。

 

人生何が幸いするか分かりませんね!

渡さんが日本航空に入社していたら俳優の渡哲也は存在しなかったことになりますから。

スポンサーリンク


渡哲也の芸歴

たくさんの出演作品がありますが、ここでは主だったものだけ挙げて行きます。

1965年に「暴れ騎士道」で宍戸錠さんとのW主演でデビューしました。

渡哲也さんはこの作品で、エランドール賞新人賞を受賞しています。

 

 

 

 

 

 

1973年『くちなしの花』で全日本有線放送大賞金賞受賞を受賞。

この曲は90万枚を売上げ渡さん最大のヒット曲となり、1974年NHK第25回紅

白歌合戦に初出場しています。

この曲がヒットするとはだれも思っていなかったようで、石原裕次郎さんもヒットしたら銀座中逆立ちして歩いてやると言ったということを渡さんが後日明かしています。

 

やくざの墓標くちなしの花

 

1976年この作品で毎日映画コンクール男優演技賞とブルーリボン主演男優賞受賞を受賞しています。

この作品の後、石原プロダクション再建のためテレビドラマに専念することになります。

 

 

 

 

 

1976年放送の「大都会-闘いの日々-」が石原プロTV第一回作品です。

この後、「大都会PARTⅡ」、「大都会PARTⅢ」と続いて行きます。

 

 

 

 

 

 

 

西部警察

1979年から放送された「西部警察」です。

渡さんの角刈り頭にサングラスというスタイルが定着しています。

この頃から渡哲也さんのファンになった方も多いのではないでしょうか?

私もこの頃渡さんを知った次第です。

続編として、PARTⅡ、PARTⅢまで放送されています。

1779年から1984年まで続きました。

 

 

 

 

太陽にほえろ!

1972年から1986年まで放送されました。

刑事の殉職シーンで萩原健一、松田優作などの話題になりました。

これは14年間も続く大ヒット作品でした。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク


渡哲也が死去したと噂が立つのは?

やはり過去に掛かった大病の影響もあるのではないかと思います。

そこで渡さんの病歴を見てみたいと思います。

渡哲也の病歴-大腸ガン

1991年に直腸がんを発症し、人工肛門を使用していることを公表しています。

渡哲也さんはS字結腸にポリープが見つかり早期発見でしたが病巣が深いこともあり約25cm直腸を切除することになり人工肛門を装着することになりました。

人工肛門や人工膀胱を持つようになった人をオストメイトといい、食事等の制限が出てくるようで詳しくは書きませんが、節制が必要です。

 

渡哲也さんの壮絶な闘病記は、柏木純一の著書『渡哲也 俺』に書かれています。

 

テレビで渡哲也さんが見られなくなると、ガンの再発を心配されるファンの方も多いのではないかと思います。

 

ただ、ガンが再発したという発表はされてはいません。

渡哲也の病歴-急性心筋梗塞

2015年6月に胸の痛みで検査を受けたところ急性心筋梗塞であることが分り、即日カテーテル手術が行われました。

渡哲也さんは最初胸の痛みを我慢していたそうですが、あと少し遅くなっていたら命にも係わりかねない状況だったと言います。

 

何か異常があったら、私たちも我慢するのではなく直ぐに病院へ行きたいものですね。

幸い、渡哲也さんは術後の経過も良かったようで、約1か月間の入院生活の後は自宅でリハビリに励んでいらっしゃるようです。

 

2015年12月に「松竹梅」のCMで仕事へ復帰されています。

 

しかし、あまり体調がすぐれないのか、その後は公の場に姿を現されていないようです。

スポンサーリンク


最後に

現在、渡哲也さんのリハビリの状況や体調に付いては特に報道されるということもないようです。

 

ただ、年齢的なこともあり仕事への復帰があるのかどうかも分かりません。

 

私は渡哲也さんのファンとして仕事への復帰はともかく、元気で余生を過ごして頂きたいと思います。

 

渡哲也さんについての新しい情報が得られたら随時挙げて行きたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク