ホラン千秋

ホラン千秋さんは今やメディアに引っ張りだこの人気者です。

ショートヘアーが良く似合うハーフっぽい顔立ちが素敵なホランさんですが、実はそのものズバリのハーフだったようです。

では、母親が外国人?それとも父親が外国人?

また、ホラン千秋さんの経歴や英語力を調べてみました。

スポンサーリンク


ホラン千秋の両親の国籍は?

調べてみたところホラン千秋さんの父親がアイルランド人でお母さんは日本人であることが分かりました。

したがってホラン千秋さんは日本国籍を持ったれっきとした日本人ということになります。

ちょっと表現がおかしいですね(笑)。

言い直すとホラン千秋さんは日本人です。アイルランド人ではありません。

 

ホラン千秋さんは父親似かもしれませんね。

肌が白くて眉シッカリし鼻筋がスッキリ通った美人ですから。

それに個人的には泣き顔のような印象を受ける顔立ちが好きなのですが、黒髪は地毛だそうです。

アイルランド人といえば赤毛の印象が強いのですが、調べてみたところアイルランド人には黒髪が多いということで納得しました。

ホラン千秋の経歴

ホラン千秋の名前の由来は?

ホラン千秋さんは1988年9月28日に 東京都多摩市で生れました。

 

ホラン千秋さんの名前は芸名だと思っていましたが本名だそうです。

また名前の由来は秋に生まれたことと、

「千秋(せんしゅう)」という非常に長い年月を表す言葉を父親が気に入ったからということです。

確かに「千秋(せんしゅう)」の言葉には長い年月とか千年といった意味があります。

 

また、外国によっては他人の名前とかぶらない様にミドルネームを付けるのですが、父親がミドルネームを付けると虐められると思って付けなかったそうです。

確かに日本ではミドルネームを付ける習慣がないために、特に小学校では虐められそうですね。

ホラン千秋の学歴

ホラン千秋さんは地元の小学校から多摩市立豊ヶ丘中学校に進学。

東京都立国際高等学校を経て青山学院大学文学部英米文学科を2011年に卒業。

2009年から2010年にかけて一年間オレゴン州立大学に留学し舞台を専攻。

 

高校は、名門の都立国立高校推薦で行きたかったそうですが、成績の良い人が多く諦めて国際高校に行くことになります。

部活は吹奏楽部でフルートをやりたかったのにクラリネットをやらされたということです。

スポンサーリンク


職歴や芸能界入りのきっかけ


5歳の時に友人の母親から記念にモデルをやってみたらと勧められキッズモデルを始める。

中学生になった記念と母親にオーディションを進められ13歳でアミューズに所属する。

13歳で芸能事務所アミューズに所属するが仕事はほとんどなかった。

大学時代に民放キー局を受けるが全滅。近所のスーパーでアルバイトしていたら2011年の秋ごろからキャスターの仕事が入るようになる。

 

ホラン千秋さんが芸能界に入ったのはきっかけは、13歳の時に母親に勧められてアミューズに所属したことのようですね。

それと芸能界で活躍しだしたのは、2011年にドラマ「陽はまた昇る」役作りのために髪をバッサリ切ってショートカットにしたことでした。

これには、本人もびっくりしたようです。

でも、これって女優さんには良くあることですよね。

やはり、その女優に合った髪型ってあるんです。

ロングが似合う人とかショートが似合う人とか。髪型で雰囲気がガラリと変わりますから。

 

ちなみにショートヘアーで人気が出た女優さんとしては剛力彩芽さんが有名ですね。

コチラの記事に書いていますので参考にご覧ください。

ホラン千秋の英語力はどれほど?

これは、父親の影響が多分にあるようです。

父親はホラン千秋さんに英語で話しかけていました。

ちなみにアイルランドの公用語はアイルランド語と英語だそうですが最近は英語を話す人が多いといいます。

 

また、父親は日本語を喋らない言い訳として母親に子供に英語を教えたいからといっていたそうです。

そのせいで父親は日本語は片言しか喋らないということです。

 

そういったこともありホラン千秋さんは小さい頃から英語に親しみ、大学時代には一年間オレゴン州立大学に留学していますから英語力は言うまでもないですね。

スポンサーリンク


まとめ

今回は、ホラン千秋さんがアイルランド人の父親と日本人の母親とのハーフの日本人であること。

ホラン千秋さんの簡単な経歴、そして英語力について書いて来ました。

お楽しみいただけたでしょうか?

また機会があればホラン千秋さんのことは書きたいと思います。

スポンサーリンク