今回は、タイガーウッズの不倫と性依存症について紹介して行きます。

タイガーウッズの性依存症の症状は、他人との性行為(不倫)をすることで、で不安から逃げるようとする行動でした。

スポンサーリンク


不倫の発覚は

2009年11月のことです。

不倫を知つた奥さんのエリン・ノルデグレンからゴルフクラブで追いかけられタイガーウッズは車で逃げだしてしまいます。

その時、慌てたのか自損事故を起こしてしまいます。

そのことが、発端になり不倫が世間に知れ渡るようになります。

当時、交際していた女性が10人以上いたというから驚きです。

性依存症であることを告白

2010年にはタイガーウッズが依存症であることが報道されタイガーウッズもそれを認めています。

エリン・ノルデグレンと結婚してからの5年間に関係に持った女性の数は120人と報じられています。

これは、性依存症の治療の一環として浮気相手をリスト化したものでした。

やはり、いくら性依存症と言ってもこれだけ浮気をされていたら奥さんも我慢することは出来なかったのでしょう。

予想通り2人いた子供をつれて離婚してしまいます。

慰謝料の額は、1億ドル(103億円)、子供の親権は共同で持つことになりますが生活するのは母親ということで離婚が成立しました。

スポンサーリンク


性依存症とは

精神疾患の一つとされ性行動や自慰行動に依存することで、性的興奮に溺れ自己をコントロールできない状態に陥ってしまうことです。

性依存症と性犯罪の関係が良く言われますが、これは直接には関係はないようです。

性犯罪は、反社会的傾向や凶悪性とかが関係し、性依存症患者は犯罪とは関係のない範囲で性行動を行っているとされています。

ですから性依存症だから性犯罪を犯すのではなく、それに色々な要素が加わって性犯罪を犯す可能性もあるといったような程度の様です。

タイガーウッズの性依存症は、完治したのか?

カウンセリングなどで症状は軽くなっていることは間違いないと思います。

しかし、性依存症が完治したかどうかについては、ハッキリ言って分かりません。

というのも依存症との戦いは、一生続くものと思うからです。

タイガーウッズの場合も一生または性欲がなくなるまで油断することなく治療に当たってほしいものです。

スポンサーリンク