北朝鮮の威嚇が止まらない

北朝鮮は、制裁決議を受け、それを提唱したアメリカはもとより、アメリカに加担したとして日本も強く非難しています。

 

そして、「ミサイルが上空を飛んでも目を覚まさない」日本に対して「日本列島4島を核爆弾で海に沈めなければならない」と最大級の威嚇をしています。

 

日本人にとっては、本当に胸を逆なでするような発言です。

 

金正恩委員長の爆走は行き着く所まで、もう誰にも止められないという状況ですね。

 

当然のことですが、世界各国からの非難も強まり、ますます孤立化して行きます。

 

金正恩委員長がいつ暴発してもおかしくはない状況だと言ってもいい状況だと思います。

 

アメリカのトランプ大統領にしても、日頃から北朝鮮を「ならず者国家」と言っており、いつ北朝鮮への攻撃にゴーサインを出してもおかしくありません。

北朝鮮とアメリカが戦争したら

もし北朝鮮がアメリカと戦争したら、北朝鮮が勝利する可能性は有りません。現体制は100パーセント崩壊します。

 

だから、いくらなんでも金正恩委員長がそんな無謀な事をすることは無いと考えるのもどうかと思います。

 

私たち日本もかって、世界からから孤立し、第二次世界大戦に突入して行ったという過去もあります
ただ、今は状況的に比較できないほど深刻な問題になっています。

 

それは、北朝鮮が核兵器を確実に保有していることです。

 

戦争になれば、金正恩委員長は、一矢を報いようと北朝鮮の崩壊を顧みずに核兵器を使用する可能性があります。

 

当然、被害は甚大なものとなることは容易に想像出来ます。

スポンサーリンク

Sticky Notes

北朝鮮の崩壊のベストシナリオ

北朝鮮の核兵器の使用については、絶対に阻止しなければなりません。

 

これは、世界各国の共通の悲願でもあります。

 

では私の考えるベストシナリオは、金正恩委員長の排除ということです。

 

では、どの国が、金正恩委員長を排除出来る可能性が高いか分かりますか?

 

韓国でしょうか?韓国には金正恩委員長を暗殺する部隊があるようですが、それは違います。

 

ズバリ、中国です。

 

中国は、北朝鮮と友好国と見られることがありますが、中国が一番避けたいことは、国境沿いにアメリカの軍事施設が置かれる事です。

 

そのため、北朝鮮は必要不可欠な存在なのです。

 

このままでは、金正恩委員長が戦争を起こしかねない状況で、その結果アメリカが勝利し北朝鮮にアメリカ軍が駐留することは想像できます。

 

中国は、なんとしても、このような状況を避けたいのです。

 

何も北朝鮮の指導者が金正恩委員長である必要は無いのです。

 

それに、中国にも北朝鮮をコントロール出来ないことが分かって来ました。

 

こういったことから、私の考える「北朝鮮の崩壊のベストシナリオ」は、中国による金正恩委員長の排除と云うことになります。

 

関連記事
⇒ 北朝鮮との戦争は秒読み段階に入ったか?2017最新予測