安室奈美恵は、タトゥーを入れていた

いま、引退発表で色々話題になっている安室奈美恵さんですが、タトゥーを入れていたことをご存知ですか?

 

安室奈美恵さんのファンの方は、ご存知の方も多いと思いますが、そうでない人は知らない方も多いと思います。

 

実は、私も知らなかったので調べてみました。

 

確かに左肩に入れていました。

 

写真では分かりませんが、「JUN.30 in 1950 my mother’s love live with me Eternally in my heart R.I.P MAR.17 in 1999」と入れてあるそうです。

 

R.I.Pはrest in peaceの事だそうです。

 

その下には、「HARUTO」とお子様の名前をいれています。

 

これは、事件で母を無くした悲しみを乗り越えるためと、お子様への愛情から彫られたものだと思います。

スポンサーリンク

Sticky Notes

安室奈美恵がタトゥー消した理由とは?

安室奈美恵さんがタトゥー消した理由は、お子様のためではないかと思います。

 

やはり、刺青をタトゥーと言い換えても、世間一般の人は、タトゥーに対して良い印象は持っていません。

 

母親がタトゥー入れていることでお子様に迷惑が掛からないように配慮されたのではないかと思います。

 

これは、私の推測であり真実は分かりませんでした。

 

関連記事
⇒ 安室奈美恵は紅白歌合戦に出場するのか?
⇒ 安室奈美恵の引退理由は?