YouTube(ユーチューブ)からの収入は?

ピコ太郎さんの収入って気になりませんか?

やはり、最初に気になるのは、ピコ太郎さんのフィーバーの切っ掛けとなったYouTubeからの収入ですよね。

 

それに、子供たちの将来就きたい仕事の上位にランクされる憧れのYouTube(ユーチューブ)の事ですから、さぞかし多額の収入を貰ったと思っても無理のない事です。

 

では、実際にピコ太郎さんのYouTube(ユーチューブ)からの収入を含めて、ピコ太郎さんの収入の内訳を、プロデューサーの古坂大魔王さんが語っています。

スポンサーリンク

Sticky Notes

気になるピコ太郎の収入を古坂大魔王が語る

9月29日に放送された「ダウンタウンなう」に芸人の古坂大魔王がゲスト出演しました。

 

番組では、のっけから松本人志さんが「明細見せて」とツッコミますが、プロデューサー古坂大魔王さんは、「持ってないです」と軽くかわしたのに対して、浜田雅功さんが古坂大魔王さんの肩口に軽くパンチをお見舞いしていましたが(笑)、、、。

 

やはり、誰もが気になるのはピコ太郎さんの収入ですよね。

 

プロデューサー古坂大魔王さんによると「(芸人を)25年やって来たが、25年やってきた分の全部くらい」の収入をたった1ヶ月で得たという事です。

 

これには、さすがに松本人志さんも口をあんぐりしていました(笑)。

 

やはり、芸能の世界の収入って売れれば凄いんですね。

 

たった1ヶ月で数億円ですから、、、。

スポンサーリンク


気になるピコ太郎の収入の内訳を古坂大魔王が語る

さて、気になるピコ太郎さんの収入の内訳ですが、まずYouTube(ユーチューブ)から見て行きましょう。
PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)
今日現在、「PPAP」の再生回数は1億2500万回を超えていますが、単純に計算してみると1億2500万回×0.1円で1250万円になります。(もちろん、1ヶ月で入る金額ではありません)
これには、YouTube(ユーチューブ)からの収入を期待していたというプロデューサーの古坂大魔王さんも「あれ、意外と全然でしたね」と完全に期待を裏切られたようでした。

 

余談ですが、将来ユーチューバーを目指す子供達にも、現実の厳しさを分かってもらいたいと思ってしまいました。

 

2番目は「海外イベント」からの収入です。

 

主だったものを挙げると、今年の2月に行われた第59回「グラミー賞」公式レポータ就任・6月にはUEFAチャンピオンリーグのアンバサダー就任というものがあげられます。

 

これに付いては、松本人志さんが「すごいよ!これは、もうお金じゃないよね、名誉もあるし、、、。」と発言し、プロデューサー古坂大魔王さんも「うれしい」といっています。

 

これらの「海外イベント」からの収入は具体的に分かりませんが、あまり多くは無いと思われます。
3番目は「CMの出演料」の収入です。

 

これまでに、プロデューサー古坂大魔王さんによるとピコ太郎さんは、19本のCMに出演しているそうです。

 

これが、どうやらメイン収入らしいですね。

 

19本のCMの中で、もっとも高額と噂されているのが、中国大手企業のCMだそうです。

 

では気になる出演料ですが、プロデューサー古坂大魔王さんによれば、1本1億円はいっていないそうです。

 

でも、この時期に12~13本入って来たとという事ですから、あくまでも私の推測になりますが、数億円の収入があったと思われます。

 

まとめてみますと、ピコ太郎さんの収入の内訳は、CMの出演料がほとんどで、YouTube(ユーチューブ)からの収入は、僅かだったという事になります。

 

関連記事

⇒ ピコ太郎がテレビから消えた理由は?現在は何をしている?
⇒ ピコ太郎の嫁の写真を公開!
⇒ ピコ太郎と古坂大魔王の結婚について