村田諒太誤審に泣く

今年の5月20日に行われた、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王座決定戦でロンドン五輪金メダリストの村田諒太選手(31)が判定結果1-2でアッサン・エンダム選手(33)に敗れました。

 

私も、この試合をテレビで見ていたのですが、素人目にも村田諒太選手が優勢だと分かる内容でした。

 

判定場面では、村田諒太選手はもちろん誰もが勝利を信じていたと思うのですが、結果は村田諒太選手の1-2での判定負けという残念な結果になってしまいました。

 

私のみならず、この判定は明らかに誤審だと、腹立たしく思われた人も多かったのではないでしょうか。

 

村田諒太選手にとって、相手に大差を付ける事が出来なかった事への腹立たしさや悔しさに泣いた試合となりました。

村田諒太の再戦決定

この試合結果を受けて、WBAのヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長は記者会見を開きました。

 

ヒルベルト・ヘスス・メンドサ会長は自らの採点結果をふまえ、この試合の誤審を認め村田諒太選手の負けを判定したジャッジ2人を6カ月の資格停止処分としました。

 

同時に村田諒太選手とアッサン・エンダム選手の再戦を命じました。

 

このことは、WBAが試合の誤審を認めた異例なことと言われています。

 

その、村田諒太選手の再戦が、いよいよ明日(10月22日) 両国国技館で行われます。

 

今回の試合では、WBA側も万全の体制で臨んでるようで、レフリーやジャッジ審判に一流どころを選出しています。

スポンサーリンク

村田諒太選手の再戦の結果は?

では、村田諒太選手の再戦の結果はどうなんでしょうか?

 

勝つ可能性はあるのでしょうか?

 

村田諒太選手は、20日に行われたアッサン・エンダム選手との調印式に臨みました。

 

その席上で、村田諒太選手は「得たいものはベルト。まずベルトを取って、そこから始まるストーリーというのがある」「日曜日、必ず勝ちます。それだけです」と決意を語っていました。

 

私も、もちろん村田諒太選手を応援していますが、ミドル級のクラスになれば不用意にもらったパンチ一発で勝負が決まってしまう事もあり絶対ということはありません。

 

明日の再戦は、村田諒太選手が勝つ事を信じて応援したいと思います。

 

 

関連記事
⇒ 村田諒太選手が電通、フジテレビをディする?
⇒ 村田諒太選手にとって嫁と子供とは