今日、村田諒太選手が、因縁のWBAミドル級チャンピオン、アッサン・エンダム(フランス)と再戦します。

 

ぜひ、勝利してもらいたいと思います。

 

ボクシングで世界を目指す村田諒太選手にとって、嫁や子供の存在というのは大きな心の支えになっていることは間違いありません。

 

今回は、村田諒太選手の嫁さんや子供に的を絞り書いて行きたいと思います。

 

村田諒太選手と嫁さんとの出会いは、職場での飲み会と言われています。

 

村田諒太選手は、東洋大学卒業後に東洋大の職員として勤務しながら、東洋大学ボクシング部のコーチをしていた時、職場での飲み会で知り合い、めでたく2010年5月にゴールインされました。

 

村田諒太選手の嫁さんの名前は、佳子さんという4歳年上でしっかりした一般女性の方です。

 

佳子さんに付いては、ネットで京大出身、家が名家で金持ちと言われていますが、佳子さんが直接発言したり確たる証拠もないので、ただの噂に過ぎないと思います。

 

それと佳子さんが、ウザイとか痛いとか出しゃばりと言われるのも真実ではありません。

スポンサーリンク

 

村田諒太と嫁さん.jpg

2012年のロンドンオリンピックで村田諒太選手が金メダルを獲得してから、佳子さんがテレビに頻繁に出て喜んでいる姿が、村田諒太選手本人より目立った結果、ネットでウザイとか痛いとか出しゃばりと言われる原因となったようです。

 

佳子さんが、芸能人の誰々に似ていると言われるのは、美人であること事からして、当然の事ですね。
ただそれだけでなく、佳子さんは村田諒太選手の大きな心の支えになっていたことは確かだと思います。

 

村田諒太選手が調子の悪い時に、冷蔵庫の扉に「金メダルを獲りました。ありがとうございました。家を買いました」という張り紙がされていたようで、その事で村田諒太選手も奮起した事に違いありません。

 

これは、村田選手のメンタル面やまた食事面についても佳子さんが深く関わっていて、賢く良い嫁さんである証拠だと思います。

村田諒太と家族.jpg

村田諒太選手と佳子さんの間には、2011年に長男、2014年に長女が生まれています。
村田諒太選手にとってお子さんの存在もメンタル面での大きな支えになっていることも間違いないと思います。

 

オフの日は、子供と一緒にキャッチボールしたり、遊んだり、また歯磨きなどを手伝うイクメンとかなりの子煩悩であると言われています。

 

今回のアッサン・エンダム(フランス)と再戦で見事勝利し、WBAのチャンピオンになったとしたら、一家全員で勝ち取った栄冠といえるものだと思います。

 

村田諒太選手の事ですから、これからも世界を目指して頑張って行くと信じています。

 

 

関連記事
⇒ 村田諒太選手が電通、フジテレビをディする?
⇒ 村田諒太の再戦 結果は?